Fly Buys

ニュージーランドのお買い物ポイント・システム

Fly Buys

日本で昔あった「ブルー・チップ」とか「グリーン・スタンプ」とかと一緒。
(今もあるの?)

Fly Buysの加盟店でお買い物すると、ポイントが貯まって
そのポイントと好きなアイテムを交換するというアレですがな。


今まで交換してきたものはと言えば、

ミシン、ジューサー、ウェブ・カメラ(これはまだ一回も使用してないな、そういえばw)。

ミシンは超重宝してまっせ。
それまでアホみたいに手縫いしていたもんで、文明の利器になんでたよらなかったのか
自分のアナログさにものすごくあきれた記憶が・・・
その後調子にのって服まで作り始めたから、これはゲットして大正解の品物でした。


さてさて、またいい感じにポイント貯まってきたから
なにか便利なアイテム頂いちゃおうといろいろ物色した結果
今回選ばれたのはこちらっ!



food




全国つつうらうら、主婦&主夫の憧れ

ル・クルーゼのココット・ロンドだべし~


いやいや、こいつは本当に見目麗しいポットでごんすね。
なにせ見かけが良いので、イチローも人目で気に入ってしまいましたよコレ。

赤と青の2色からの選択だったのですけど、私は赤をチョイス。
これが我が家の黒いキッチン・ベンチに映えるんだっちゃよ。


早速このポットでキャセロール作ってみたんだすが、
さすがに火の通りがいいですねー。
しかも保温性も高いので、ステンレスのポットで作った時より
短い時間でお肉が柔らかくなった~
すんばらしい!


しかし、せっかく素敵ポットを手に入れたものの、料理のレパートリーが少ないのがタマにキズだす。

キャセロール、カレー、煮物、あとナニ???

宝の持ち腐れにならないように、レシピもゲットせなあかんですな。
鍋一つでこんなに楽しい気分になるとは
私はつくづく単純に出来ているようです。

フライ・バイズよありがとう。次回はスキレットを狙おうかな。

たらりらん♪るるりらん♪


スポンサーサイト

大満足

昨日の続編だす。


そう、煮豚も完成し、ついにお宝を食する時がキターッ!!

見て見て~




nudle
白味噌味を食す。煮卵の黄身が硬くてちょっと残念



もうね、麺がね、旨いのよコレが。
もちろんスープもおいしいのだけれど、この麺は海外では食べられない味だべさ。
つるるんっで、歯ごたえも良くていい味~。灌水がきいてる味っていうのかな。
灌水の味は具体的にはわからないが、これが入ってるのと入ってないのとは味が大違いだねー。
こちらで買えるラーメンの麺は大抵卵麺で、いまいちボソッて感じなの。


写真ではネギ入れ忘れちった。だって、麺が延びたら大変と思って焦ってたのだす(笑)。
この後気付いて投入したよ。ネギも必須だもんね。


やっぱりラーメン屋さんのラーメンは違う~。
このお持ち帰りパックを大量購入したら、こっちでラーメン屋でも始められまっせ。


Kさんの教えてくれた通り、麺は別茹でして
スープは野菜を炒めた後の鍋にお湯を注いで作りました。

そして手間かけてトッピングを作ったかいもあったなー。
煮豚は赤身な部分(豚も赤身っていっていいのか?)を選びすぎちゃってちょっとパサパサしてしまったけど
お味はグッドだす。
スープのお陰でパサつきもそんなには気にならなかったし。
でも次回はもっと脂ののった部分選んで作るぞ。


イチローも、

「うぅまいねーっ」 (←と、日本語で言った)

と大喜びでしたよ。


2人ともスープも全部完食。
残すなんてもったいなーいっ!
塩分で上がった血圧は、猫に癒し効果で下げてもらうモンね~w。


あー、ラーメン最高だす。
Kさんご馳走様でした


PS.イチローは、今宵もラーメン食べようと言い出しましたが、二日連続は贅沢すぎるのでお預けにしました(笑)。

ラーメン

Face Bookのお陰で、前の会社の方たちと再度連絡が取り合えるようになった。

それぞれに会社やキャリアは変わっても、性格はあまり変わっていないようで懐かしさにホッとしたりしてます。


一緒に働いていた当時、皆んなの兄貴分だったKさん。

そのKさんのご好意で、こんなお宝が我が家に届きました。



nudle
じゃじゃーん!



むつみ屋さんのラーメンだす!



nudle
赤味噌&白味噌の2種類のスープずらっ!旨そーっ



海外生活をしてる日本人の多くが恋しい食べ物。それはラーメン。

ここクライストチャーチにも一軒だけラーメンが食べられるお店があったのですが、
地震の為しばらく閉店中です。ぐっすん。
でも日本に住んでたら、いろんなラーメン屋で
それぞれの自慢の味を食べ歩いたりするじゃないですか。
それが出来ない海外の田舎町。
私が日本に帰って一番いっぱい食べたのは、やっぱりラーメンだな。

だもんで、このお宝はきちんとしたトッピングと一緒に食べちゃろうと鼻息も荒くなる。

煮卵、メンマ、煮豚と炒め野菜をのせて食べるんだもんねっ。ふんがっ。


しかしメンマと煮豚は作ったことが無いので、ネットでレシピを検索。
上手に作れなかったら泣く。号泣する。とくに煮豚。
煮豚と焼き豚どっちがおいしいのか疑問に思った私は、もれなく両方作って見ることにしました。

今日の午後煮豚作って、今ブーちゃんはタレの中。

焼き豚は2-3日漬け込んでから焼くとおいしいそうなので
冷蔵庫で待機中だべさ。


あー楽しみ。

動物愛護法改正についてのパブリックコメント募集

日本は動物愛護後進国。

未だ殺傷処分も毒ガスを使うなど、安楽死とは程遠い処分をしていたり
動物を「命ある者」という認識なしに「物」として販売する業者やブリーダーがいる。
等々、色々と問題が山積みのようです。

私自身、いろんな方のブログを読むまでこの現状を知ることもなかった。
ここNZと同じように、殺傷処分は安楽死だと思い込んでいました。

今環境省が動物愛護法の改正についてのパブリック・コメントを募集しています。

親切なブロガーさん達は、コピーしてそのままメールで送れる意見書の見本を掲載してくださっています。
締め切りは8月27日(土)。

政府が法を改正するには、パブリック・コメントの賛成票が反対票を上回らなければいけないのです。
もちろんペット業界は法の改正に反対ですので、私たちが一票を投じなければ
法の改正がなされる確立は低くなります。


日本の動物達の為に、法律改正に賛同する方はぜひコメントの送付をしてくださいますようお願い申し上げます。
詳しくは「ジュルのしっぽ」さんにてご確認下さい。
コピペで(住所や名前の記入はありますが)メールを送付するだけです。もちろん送付前に内容を読んで納得した上で送って下さいね。


無知な私は動物愛護に関して知らないことがいっぱいです。
多くのブロガーさん達のお陰で、勉強することが出来ています。
私の大好きな猫や犬や他の動物達が「物」として扱われるのは
たまらなく嫌、法の改正を祈る~。

雪ん子

雪ん子生活3日目だす。

今回は天気が悪いので、雪が降ったのは1日だけだったんですが
地面の雪が溶けない!

しかも寒さがハンパじゃない為、私は郵便物をポストに投函しに行くことさえ出来ない
生きる屍化現象に落ちいっております。
雪国生まれだからといって、寒さに強い訳じゃないんだべさ。

ファーネス(釜)に火が入っていない時の工房はゲロ寒。
そして私がやらなきゃいけない仕事は水を使う作業なので、
オーダーくれたお店には悪いけど、発送は遅れるデヨ。

そんなこんなで私はまだサボりモードですが、流石に世の中は動き出した(笑)。
今日は朝から車の量が多く、みんな仕事をし始めたようですら。
道路の雪は溶けてるので、路肩に駐車しない限り運転は大丈夫なのかもな。
でもまだ自信ないので私はしないぞ。


ランチ食べながらふと窓の外を見ると、長毛の茶トラさんがうちの庭を歩いているではないですか。
首輪してないけど、たぶんご近所さんの子だろうな。
猫もそろそろたいくつの限界が来てるのね、そういえばうちの子の何匹かも外にお出かけの様子じゃ。


cats
庭にはまたもやたくさんの足跡が


これは「雪の上を歩く猫の図」写真を撮るチャンスかもっ
と、私も重い腰を上げたぞ。


ニギ~、ソウズラ~

と名前を呼びながらうろうろしてたら


cats
ニギ登場!


前回と同じくなるべく草の上を選んで歩いてます。

写真撮りたいが為に、わざと雪の多いところに移動してニギを呼ぶと


cats



私に会いに雪の上を歩いて来てくれた~。

なでなでしていちゃいちゃするも、


cats
そろえた前足がめんこい


やはり寒いらしく落ち着かない。


cats


そそくさと雪の無い安全地帯へと避難されちゃった。


cats
あちきは寒いのでおうちに帰るデヨ。


ニギよ、ご協力ありがとう。
そういや前の雪の日もニギの写真は撮れたんだったなー。
ニギは我が家の雪ん子大賞に決定

雪だべ!

今年2回目の雪が降りました。
異常気象ですなぁ。



snow
風が強い!



先週から天気予報で雪が降るぞーっ!って言ってたので、
土曜日のスーパー・マーケットは引きこもる準備をする人達で超混みだったよ。
アジアン・マーケットも混み混みで、欲しかった納豆や油揚げが売り切れで泣けた。行った意味ねー

今回は首都ウェリントンでも雪が降ったようだけど、
前回の雪に比べたら、ここではそんなに降ってないかな?

それでももちろん色んなビジネスはお休みでやんす。

雪の日は車が少ないから静かでいいなー。


それにしても風が強くて寒さも強烈で、写真いっぱい撮ろうと外に出ては後悔して家に引き返すを繰り返してるところ。
雪の上を歩く猫の写真が撮りたいんですが、猫も「冗談じゃないぜ」と家でゴロゴロしてるぞ。
そりゃそうだ。



cats
一番暖かい場所を陣取るバタ

cats
眠くてしょうがないニギ



ちび太だけがお出かけ中です。こんな雪の中どこに行ったんだろ?

こないだペット・ショップの広告で、猫の首輪に装着可能な小型カメラが売ってたずら。
猫目線で景色を見れる&テリトリーを把握できるというスグレモノ。
これがあったら、今ちび太がどこで何してるか分かるのになっ。

でも欲しいけど衝動買い出来る金額じゃないんだよねー、残念だす。


寒さに後悔しながらも何回か外に出てみると


snow
寒椿~


咲いてる事に気付かなかったよ。
雪に映えてすごくきれいで、上手に写真が撮りたかったけど
寒さで手が震えてブレブレの写真ばっか撮れてしまいました(笑)。
こういういい物見た時って、つくづく良いカメラと良い腕が欲しいと思っちゃうワン。
でも両方持ってないので目に焼き付けるしかないのう。
眼力~ふんがーっ


こんな寒い日はベーキングでもするのがベストだべ。
パウンド・ケーキでも焼こうかな。
マシュマロを暖炉の火で焼いて食べるってのもいいね。


なんだかNZの雪の日って、会社をズル休みしたときの感覚と似ている~。

雑記

ゆとり期間に入ったものの、なんだか毎日仕事してるなぁ。

しかも事務処理やオーダーの発送といった仕事なので、
ブログで報告する面白いネタもないずら~。


ここ3~4年、私の周りで立て続けに大変な事が起こり
頭も体もフル回転で日々を過ごしていたんだけど
やっと最近落ち着いてきた。

一生懸命しすぎて心に余裕がなかったなー、と気付くまで余裕が出てきまスた。

私は一度にたくさんの事が出来るタイプじゃないから
ともかく現状維持を目標にしばらくがんばってたんだが
この状況に慣れてみると、私はまだまだやることがたくさんあるみたいなのだす。

そんで、今やっとそのたくさんあることもがんばらなくっちゃって
思えるくらいの余裕が出来てきた(今までは見てみぬ振りしてたの、馬力が無くて)。
もちろん一度に全部は出来ないので、ひとつひとつ優先順位をつけてだけどねー。


大変すぎて気付かなかったけど、努力のおかげで得たものがたくさんある事にも気付けたばい。


残念ながら野望の全ては叶わないものの(笑)、
40代はまだがんばって
55歳くらいでゆっくりリタイア準備を始めようかなぁ。

私のリタイアは、ビジネス(お金儲け)の心配をせずに
ゆっくり好きなものを作って暮らすって意味だよ。
自営業なので、体が続く限りはガラス吹きたーい。


こんなことを回想できるくらい心に余裕が出来た~。うれし~。


ゆっくりとまだゆとり期間をエンジョイは出来てないが
心には確実にゆとり期間がやって来たようです。
しかも3年ぶりに♪
もう一皮剥ける必要はあるみたいだが、
わたしはやっと自分のがんばりを認めるぞ。

そしてもっとがんばれ、私!

極楽報告

行って来ました!マッサージ@SWAN LAKE 


ご想像通り、カメラ持って行くの忘れた。
写真はないけど想像力豊かに私の報告読んでオクレ~。


アポの時間の15分前には来て下さいっつー事だったので、言われるまま早めに到着すると
素敵なリビング・ルーム(この部屋はディナー・パーティーに使うらしい)に通され、
スパイシーなジンジャー・ティーが出されました。
備え付けのおしぼりは、薔薇の形に折られていて
しかもレモングラスのフレグランスがついていた~(ほえー!)
オーナーが来てご挨拶。
おもてなしムードむんむんでございます。


その後お部屋へ通してもらい、タイ風のくつろぎ着に着替えてマッサージ開始。
私は全身のタイ式マッサージを選択しました。
タイ式マッサージって、指圧と整体をミックスしたようなヤツだから
人によっては痛すぎると感じる人もいるみたいだけど
私は結構凝っているのであまり痛みは感じないのだす。かえって痛気持ちいいって感じか。

マッサージ・ベッドにはエレクトリック・ブランケットが敷いていて暖か~。
使用されるタオルにも、もれなくフレグランス付き。
そして施術してくれたタイ人の御姉さんは、しゃべり過ぎず、かといって無口すぎず
うまいことリラックスさせてくれて、なんともいい塩梅だべさ。


そんなこんなで一時間なんてあっという間に過ぎてしまいました。


施術が終わると、再びジンジャー・ティーで〆だす。

一緒にランチ食べようと、イチローと庭で待ち合わせしてたので
お外で一緒にお茶を飲む。

私を待っていたイチローに気付いたお店の人は、彼にもジンジャー・ティーを振舞ってくれていたんだって。
気が利く~


ランチはそのまま敷地内のカフェで、サンドイッチとスコーンを食べました。
そしたら又オーナーさんがやって来て、イチローにもご挨拶。
わたしも井戸水のお礼を直接言えて良かった♪


やっぱり人の笑顔をみるとこっちもいい気分になりますねー。


帰り際は池の鴨に餌をあげて和む。

ここの庭は一般開放されてて、しかも無料で餌も置いてあるから
お子ちゃま連れて散歩に来るのも素敵と思うよ~。
ワンコ連れて来てもいいそうです。お水やビスケットも用意してあったぞ。
ワンコにもオモテナシ♪


ともかく素敵な時間をすごせましたよ。
激オススメ。

仁マラソン

世の中本当に便利になったもんだ。


私がイギリスに行っていた20ウン年前は、手紙と電話しか日本の家族や友達と連絡を取り合う手段はなかったんだよね。
ニュージーランドに来た当初の13年前ですら、一般家庭のPC所持率は全然低くて
携帯電話にメールの機能も付いてなかったんじゃなかったっけな?
カメラもまだアナログが主だったし。

全く持ってオババ的な回想だけど、ワタシという人間が今まで生きている数十年の間で
テクノロジーは進化してるのだすよね。


便利になった今は、日本のドラマも海外から動画として観れてしまうんだもんなぁ。


ここ数日間ずっとドラマ「仁-JIN」のマラソン視聴をしとりました。

jin


日本の皆には、ちょっと後れた話題ですんまそ~ん。

歴女としては見逃せないドラマだったので
夢中で見ちゃったよ。

龍馬のキャラクター設定がイマイチワタシ好みではなかったものの、
江戸の日常やら歴史の流れやら人々の一途さやら
素敵なお話しだったでありんす(影響されてるw)。
タイムスリップの謎はイマイチ分かりづらかったけど
話しの本筋はそこではないと思ったのでまぁいいか。

時代劇って江戸時代に限らず、話しの主人公は武士だったり
公家だったり高貴な身分の人の話しが多いじゃないですかい。
一般市民の日常も描いたお話しが見たいなぁと常日頃思っていたので、
「仁」のお陰で、庶民・武家・女郎・医者・役者などの生活っぷりがドラマで見れた私は大満足だす。


進んでいるのはテクノロジーだけじゃなくて、
私が生きている数十年の間にも歴史は動いています。
冷戦が終わったり、ベルリンの壁が崩壊されたり
昭和天皇の崩御なんかも重大な歴史の出来事だろうな。

こんな出来事を未来の人が「その時代の人達はどう感じながら生きていたんだろう」
なんて考える日が来るのかな、なんて想像したりするのが
私的歴女の楽しみ方だったりします。でへ。


「仁」はそんな私の妄想癖を刺激するお話しだったんだべさ~。


でも「仁」の中でのキーワード

“神は乗り越えられる試練しか与えない”

ってのがありましたが、私はウィンストン・チャーチルの

“If you are going through hell, keep going"
(もし地獄に落ちても、前進せよ テキトーなると訳

こっちの方が好き。

だはは、ひねくれ者です。


白鳥の湖

クライストチャーチは水道水がおいしいのが自慢でした。

でも残念な事に地震で上下水道が壊れてしまい、今は水道水に薬がたんまり入っていてゲロ不味い。

なのでずっとミネラル・ウォーターを買っていたんですが、
水は結構消費するから水代もバカにならずブーたれていたところ
うちから車で5分くらいのとこに井戸水を無料で提供してる場所があるという情報をゲット。
さっそく行ってみる事にしました。



swan lake


こんな感じでジョボジョボと水が流れていて、誰でも自由に利用してオッケーということだす。
飲んでみると、とってもマイルドで旨ーーーーーい。

ここのオーナーは、なんていい人達なんざんしょ~と感動しつつゲートの向こうを覗いてみると…


swan lake


なんだか素敵な建物。

ここはどうやらSWAN LAKEというタイランドスタイルのスパだったみたい。

ガーデンは見学自由なのでうろうろしてみた。


swan lake
うろうろ


白鳥の湖いうだけあって、本当に白鳥が!


swan lake

swan lake


白鳥を見てアルパカを思い浮かべるのは私だけか?
首に抱きつきたくなる衝動を抑えるのが大変ですた。


ここから直ぐ先に高級住宅地があるので、きっとそこのマダム向けのスパなんだわ~。

でもたまには素敵な場所でリフレッシュするのもいいんでないかいな
なんて思ってたらばイチローが

「君はとってもがんばってくれているから、マッサージでもしてくればいいずら」

ですと!

費用はイチローのお小遣いからだって。ひゃっほ~!

もれなくすぐに予約入れに行きやしたぜ。


ここでは美容関係以外に、タイのお料理教室があったり
カフェ&レストランもあります。

つかの間の夢の世界に浸るにはもってこいって感じの場所だよっ。


マッサージに行ったらば、またレポートしまーす。
写真は撮れないかもしれないけど。

すんごい楽しみだっちゃ~

プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

最新記事

最新トラックバック

ダァ~~!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード