脳みその不思議

ワタシはこの歳になっても未だ「何故?何?」ちゃんなのだす。


昨日のブログで、英語の本を読むと疲れるって書いたの覚えてまっか?

あの後ふと思ったんだけどね、テレビは平気なのです。

英語を目から見て読むのは疲れるけど、

耳から聞くのは疲れない! 不思議~。


しかし、話すのは疲れるな。

これはやっぱりアレですか、「読む・話す」は能動態で
「聞く」っていうのは受身のアクションだからなんでしょうか?

「話す」はなんだか違うような気がするけど、
「聞く」のと「読む」なんて似たようなもんだと思うけどなー。

それとも「耳」と「目」の疲労度の速さの違いなのかしらん。




なーんて、独り言みたいなつぶやきになってしまいますた(笑)。
だって不思議だったんだもーん。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

そー考えると言葉って母国語にしても耳から習うよね。
ってことはやはり人間耳のが優れているのかね?!
英語で本読むけどやっぱり日本語よりは疲れるのかも。

あ、英語で本読むから英語がぺらぺ~らって訳じゃないのでご注意!
不明な単語は勝手に訳すか飛ばしてますから(笑
  • 2011-05-26│14:23 |
  • wocean URL│
  • [edit]
woceanさん
一緒、一緒。
ワタシも英語を読むとき、不明な単語は想像で読んじゃうよっ。
って事は、そこで使わなくていい脳みそ使っちゃうから疲れるのかなー。

それにしても、ベッドで本読むとなんであんなに眠くなるんだろう。
テレビ観てもあんまり眠くならないぞ。不思議不思議。
  • 2011-05-26│17:53 |
  • なると URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

最新記事

最新トラックバック

ダァ~~!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード