動物愛護法改正についてのパブリックコメント募集

日本は動物愛護後進国。

未だ殺傷処分も毒ガスを使うなど、安楽死とは程遠い処分をしていたり
動物を「命ある者」という認識なしに「物」として販売する業者やブリーダーがいる。
等々、色々と問題が山積みのようです。

私自身、いろんな方のブログを読むまでこの現状を知ることもなかった。
ここNZと同じように、殺傷処分は安楽死だと思い込んでいました。

今環境省が動物愛護法の改正についてのパブリック・コメントを募集しています。

親切なブロガーさん達は、コピーしてそのままメールで送れる意見書の見本を掲載してくださっています。
締め切りは8月27日(土)。

政府が法を改正するには、パブリック・コメントの賛成票が反対票を上回らなければいけないのです。
もちろんペット業界は法の改正に反対ですので、私たちが一票を投じなければ
法の改正がなされる確立は低くなります。


日本の動物達の為に、法律改正に賛同する方はぜひコメントの送付をしてくださいますようお願い申し上げます。
詳しくは「ジュルのしっぽ」さんにてご確認下さい。
コピペで(住所や名前の記入はありますが)メールを送付するだけです。もちろん送付前に内容を読んで納得した上で送って下さいね。


無知な私は動物愛護に関して知らないことがいっぱいです。
多くのブロガーさん達のお陰で、勉強することが出来ています。
私の大好きな猫や犬や他の動物達が「物」として扱われるのは
たまらなく嫌、法の改正を祈る~。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

最新記事

最新トラックバック

ダァ~~!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード