イチロー飯

忙しい時に限ってPCが壊れたり、特注が入ったり
なかなか落ち着かない毎日ですけど充実しております。

特別注文はとても良いチャレンジになりましたよー。
それに関しては後ほど。


さて、ワタシがガラスを吹いている期間、約3ヶ月。
この間はイチロー君がコックさんとなり
晩御飯を作ってくれているわけですが
ワタシ同様にイチロー君、レパートリーが少ない(笑)。


それでは4月からヘビロテのメニューをご紹介してみやしょう。


1位「白身魚のホイル焼き」
2位「ミートソース・パスタ」
3位「フィッシュ・バーガー」
4位「肉+ポテト+豆(イギリス系の定番ですな)」
5位「ミートボール・スパゲティ」


このメニューを中心に、たまにスープとかカレーとかが混ざってくるんですけど
さすがに3週目位になった時点で、違うもの食わせてケレとお願いしてしまいました。
それって贅沢?

でも毎週同じ物食べてたら飽きちゃうじゃんねー。
せっかくおいしいメニューなのに、食べたくなくなっちゃったら悲しいんだもん。


定番メニュー以外は料理本を見たりしながら作っている様なのですが、
まだ自分のモノになってないので「おやっ?!」っていう味の時があるんだす。
例えばぐちゃぐちゃなチャーハンとか
火を通しすぎのブロッコリーとか。


皆さんは、パートナーが「おやっ」っていう味の料理を作った時どうします?

「おいしい」って言ってあげる?

ワタシはねー、嘘がつけない体質なので「おいしい」とは言えないんだべさ。
言ってあげればいいんだろうけど。

だから「ありがとう」って言ってるんだす。
作ってくれたのはうれしいからね。

だけど、イチローはなんか納得しないみたいで


「おいしいデショ?!」


ってダメ押ししてくるのじゃ。

そこでワタシも「おいしい」って言えばいいのに
言えないんだよねー。
だっておいしくないんだもん(爆)。

それでまた「ありがとう」って言うんだけど
イチローまだ納得せず。


「おいしいデショー!!」


しかしやはり嘘がつけない私。


「これ以上イワセルナー!!!」


そんで野菜がくたくた過ぎるとか白状させられちゃうんデス。

イチローはくたくた野菜が不味いとは思ってないから(ぎょえーっ)
これまた納得してくれないんだべさ。


そしてこの「おいしいデショ」攻撃は無限ループの禅問答の様に繰り返されるのでした。



だから最初に「おいしい」って言えてれば良かったんだよのう。
しかし言えないワタクシ。やれやれ。

イレギュラー・メニューの日はドキドキだす。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

う~ん、わかる!そのうそのつけない気持ち!!私も多分いっしょの行動取っちゃうわー。美味しいけど、こうしたらもっとよかったとかいうのが、いいのかね。どうしたらいいんだろうね。うそで美味しいと言ってしまうと、毎回うそを言わざるを得なくなっちゃうしねー。正直に言って料理の腕を上げてもらうのがいちばんかね!
  • 2012-05-10│23:04 |
  • Woood URL│
  • [edit]
OOODっち
ワタシもそんなに舌が肥えてる訳じゃないからそんなに厳しい審査をしてるわけじゃないんだけどさ、
やっぱりくたくた野菜とか焦げて生焼けのコロッケとかは美味しいとは口が裂けても言えないべさ(笑)。
一応ブロッコリーなんて一分ちょっとで茹で上がるんだぜ、とは言っといた。
かなり驚いてたWW。ちなみにヤツは15分くらい茹でてたよWWWW。
  • 2012-05-11│17:32 |
  • なると URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

私のお店デス

logo banner

最新記事

最新トラックバック

ダァ~~!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード