Orton Bradly Park

そうそう、そういや2週間ほど前に歩き隊が復活したのであった。

行き先は Orton Bradly Parkだすよ♪


さすがに入場料を取るだけあって、整備された道は歩きやすく
道しるべもあるから迷子になる心配も無し蔵君です。


冬はぜんぜん歩いてなかったからね、復活初日にふさわしい場所だべさ。
いろいろあるコースの中から往復3時間くらいのを選ぶ。
目的地には滝があるぞよっ♪



walking
入り江の向こうはリトルトン・ハーバー



途中羊さんとか牛さんとかとめっちゃ遭遇しました。
なんで写真撮らなかったんだろう(反省)。
ここの家畜の皆さんは、とても人馴れしてる様で近くを通ってもぜんぜん怒られなかったヨ(でも驚かさないように静かに歩きまショー)


行きは坂道続きですが、道が整備されてるからそんなにキツクないなーっと思っていたらば
滝に向かう坂道で目が点に。

これぞ山登り!的な傾斜(45度くらいじゃないかいな)
ぶひーっ!!!
やっぱり簡単に歩ける山なんて存在しないのね。
がんばって登りきったものの熟女の足腰はもう虫の息だす。


…でも



walking



walking



マイナス・イオンで復活(笑)。


滝を見ながらのランチはそれはそれはおいしゅうございました。
気の利かないワタシはおにぎりしか持って行かなかったけど、
AちゃんもKちゃんもおかずをシェアしてくれてオラ感激だぁ。



行きも辛かったが
帰りも辛い。

傾斜のキツイ下り坂で、すっかりヒザがやられてしもうた。

実は左のヒップ・ジョイントに弱点があるワタクシ、
そこに通る神経に負担がかかると膝にくるんだす。あうー。

ってな訳で帰りのワタシはよぼよぼだす。



walking
これすごくね?木が岩を砕いて成長してまふ




最後の力を振り絞って登った“ビッグ・ロック”



walking

walking


もう魂が抜けかけてました(笑)。

滝に行かずにここだけ目指すコースはそんなにきつくないので
20はんにゃらヶ月の赤ちゃんを担いだご夫婦も登って来たデヨ。
奥さんの方は地震が起きたら怖いからと早々に降りて行きましたが、
かえって中途半端に下にいるほうが落石とかで危ないんじゃないかと地震慣れしてる日本人は思ったのであった。


風があまりに気持ち良くってオチリに根が生えそうじゃ。
先を急ごう。



ビッグ・ロック過ぎたらもう平坦な道だす。


オヨっ?!
なんじゃありゃ。



walking
どらえもんはどこ~?



なぜこんな所に“どこでもドア”が???



そんな便利なものがあったら使わない手はないべさ。
ちょいと借りるデヨ、どらえもん♪



ぴろり~ん



walking



辿り付いた先は She Chocolate 、チョコレート専門店だす。

私達の歩きの〆はいつも美味しいものと決まっているからのう☆



walking

walking

walking
なんで右側こんなに空けてるんだろー



けっこう激甘でしたが、甘いもの好きにはたまらない感じ。
景色もいいしお店の人はフレンドリーだし、とてもすてきなカフェでしたよ。
イチローは絶対気に入りそう。




ワタシに膝という課題を残した歩き隊復活初日。
いつかはトランピングにと夢みてつけたカテゴリー・タイトルだけど
ウォーキングのまま終わりそうな気が…

グルコサミンのサプリ飲まなくてはっ(笑)。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

やあ~、あのWALKINGのあとの達成感はいいもんだねえ。天気も曇りのち晴れで恵まれたねえ。これ快晴だったら私も魂抜け続けて、なんか悪いもん体に入ってきてたかも。。。(笑)
  • 2012-10-21│09:59 |
  • あや URL│
  • [edit]
あやちゃん
あの滝までの道は究極すぎたよ(泣)。
でも気持ちの良い歩きコースだったね~。あっし、山歩きし始めてからカーディオが強くなった気がするデヨ。
  • 2012-10-23│11:26 |
  • なると URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

最新記事

最新トラックバック

ダァ~~!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード