病院グルメ?

具合が悪いのを除けば、入院生活は割りと快適でしたぞ。

というのも看護師さん達は皆やさしいし、
お医者さんも褒め上手だし、
気持ち的に甘やかされて過ごしていたのだす。

大人になってから、こんなに面倒見てもらうことなんてまず無いもんね。
娯楽は何もなかったけど、暇があったら体を休めたかったので
特に暇をもてあますこともありませんでした。

それを考えると5日間の入院生活って妥当な日数なのかも~。
これ以上長かったら体調も良くなってきて
退屈して死にそうになっていたかもしれないもんね。



しかーし、

快適に過ごしていたといっても、食事だけはいただけなかった。
ここ重要なトコなのにね。


朝は数種類のシリアル、トーストから好きなものをチョイス。
(ワタシはコーンフレークに桃缶)

お昼はサンドウィッチか、肉系のがっつり系が乗っかったトーストのチョイス。



food
なんの変哲もないチーズ・サンドウィッチ。これが一番旨かった。


固形の食事が食べられるようになったのは4日目からだったので
わずか2日の食事でしたが、
死にそうなくらい甘くて不味いゼリーは流動食の時から毎食ついてたな。
もちろん食べませんでした。
見ただけでオエッてなりそうなので
写真にも撮らなかったぜ。



food



そしてこれがディナー。

やわらかく似たビーフにグレイビー、茹でた野菜とマッシュポテト。
前日は肉がチキンだっただけで野菜は茹でたミックスベジタブルだった。


でもさー、前日まで流動食食べてたのに
翌日はいきなりコレですよ。

こんなヘビーなもん食えるかってーの!


日本の病院だったら、きっとお粥とか豆腐とかでるんじゃないでしょうか。
キウイの胃袋強すぎる…

食事があまりにも拷問レベルだったので
やっぱり5日の入院期間で良かった~。



帰宅したらばお友達が雑炊を作って持ってきてくれました。

この雑炊のおいしい事、おいしい事。
病気の時は日本食に限るなー。

その後も他の友達がご飯作って持ってきてくれて
ワタシの食生活は一挙に極楽レベルに達したのです。シアワセモノ~。


胃袋も徐々に元の大きさに戻りつつあり、
このごろは甘いものが食べたくてしょうがないわ。
お酒飲んでないからでしょうかね。
せっかくちょっと痩せたのに、あっという間に元にもどりそうな予感がするばい。


イチロー君、ワタシのお世話で燃え尽きてしまってるので
晩御飯はあまり作りたくない様子。
なので週に3日ほど、政府の補助付きの晩御飯を安く購入してるのですが、
この食事がまるで病院食と一緒みたいなのだ。
同じトコロで作られてるのかもね。
さすがキウイのイチロー君。量は少ないけどおいしいよと満足げです。



food
ね、病院食と瓜二つ



君も注文するかいと聞かれましたが
丁重にお断り致しました。


これ多分、野菜をもっとおいしく調理してくれてたら
食欲もわきそうなんだけど…
西洋人に野菜嫌いが多いのは、絶対に調理法に問題があるからだと思うべさ。

早く自分でご飯作れるくらいに回復しなくっちゃだわ~。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

だ、大丈夫ー?
なるとさん、もうブログを読んでビックリよ!!!!
なるとさん自身が一番ビックリだったと思うけど。
大変な思いをしちゃったね。少しずつ落ち着いてきてるみたいだけど、大丈夫?痛みとか、生活しづらいとか無い?
腸に潰瘍が出来ていたなんて、悪い病気じゃなくて本当に良かったけど、やはり身体は正直だよね。たくさんストレス感じていたんだよね。
なでなで。
お医者さまのOKが出るまでは、本当に大事に大事にねv-300

病院食の不味さは、私もよくわかりやす。わざと、まずくしてるのかなぁと疑いたくなるくらい食欲を減退させる味だよね(笑)素材を生かしただけでも、もっと美味しいだろ!と思っちゃう(笑)

今は、好きな物を食べて、ゆっくりして、急な手術を頑張った自分にご褒美をあげる期間だよ。
早く元気になるよう、日本からもちもちパワーを送るぜぃv-344v-346v-346
お大事にねi-265

  • 2013-02-22│17:14 |
  • もちもち URL│
  • [edit]
もちもちちゃん
本当ストレスって恐ろしいですな。
これからは不真面目に磨きをかけて、テキトーに生きる道を模索しなくては(笑)。
そっかー、日本の病院食もまずいのね。すごい美化して想像してしてたよ。
もちもちパワー、確かに受け取ったぞ!これでぶひぶひに元気になること間違いなしですね~☆ どうもありがとうv-22
  • 2013-02-23│12:46 |
  • なると URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

最新記事

最新トラックバック

ダァ~~!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード