アカロア最終日

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。

とはいえ、近場の旅行は最終日も時間に余裕があるからまだちょっと遊べるぞっ☆



せっかく天気もいいのでプチ歩きに出かけました。



akaroa



ウォーキング・コースはGarden of Taneという所。

Tane とはマオリ語で “God of Light and Forest” なんだってよ。

そしてこの場所にはカトリックとプロテスタントの墓地があります。



ゲート入ってすぐに不思議な乗り物があった・・・



もれなく乗ってみる。




akaroa
ぱっかぱっか



意味不明な物って哀愁があっていいね(笑)



ゆっくり、のんびり丘を登っていきます。



akaroa



すると毒キノコと遭遇します。


絵に描いたような毒キノコでうれしくなっちゃう♪



最初に遭遇したのはカトリックの墓地。

さすがに写真は撮りませんでしたが、クリスチャン系の墓地ってあまり怖くないのはなんでなんでしょうかね。



しばらく歩くと海沿いの崖に出ます。

せっかくなんで皆揃って写真を撮ったのですが・・・



akaroa



逆光っだったw。


ま、思い出が残ればそれでいいしょ、って事で。にゃはは



海辺に下りていって灯台見て、また丘に戻ってプロテスタントの墓地を通る。

まだもっと丘は続いていたんだけど、途中から木がない太陽光サンサンの灼熱地獄っぽい形相だったので入り口に引き返しました。じりじり焼けるのは嫌じゃ~。


でも直射日光にさえ当たらなければ、丁度良いウォーキング日和でしたぜ。




ほどよく歩いた後はやっぱりランチでしょー。

途中お土産なんか買いながら、どこに行こうかとウロウロ。


アカロアはおフランス風の町っていうのが売りのはずなのに、
なぜかイタリアンなお店や人々が多いのに気付いちゃった。

前日のファーマーズマーケットでパンを売ってたお兄ちゃんが
午後からは道端でアイスクリーム売ってたり、
サラミ売ってたおじさんは、イタリアン・レストランのシェフだったり。

イタリアン系のレストランの方がフレンチより多いような印象。
ま、くまなくリサーチした訳じゃないので
あくまで私の偏見なんだけどw。


イタリア人は大家族っぽいイメージがあるから、
一族が人口を増やしていっているのかも、なぁんて想像して楽しんでいました。



そんなこんなで落ち着いたのは、イタリアンなカフェ・レストランです。

スミマセン、名前覚えてないわぁ。



akaroa



私はシーフード・チャウダーとチップスをオーダー。



akaroa


これはハンバーガーかな。ステーキー・バーガーだったかも。



トマト味のシーフード・チャウダーって珍しいな。美味しかったですよ☆



食後にオリーブ・ファームに行こうとしたんですが、お休みだった(涙)。
ビジネスに対して貪欲じゃないトコがNZらしいですな(笑)。


その後チーズ・ファクトリーに行ってウマウマのチーズを買い、帰路にとつきました。

あー、楽しかった。
来年はどこに行こうかねー。






途中のリトルリバーって町で不思議な建物発見したぞ。


little river

little river


サイロ(穀物や牧草をためとく建物)型のアコモデーションだって。

おもしろ~い。






にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

最新記事

最新トラックバック

ダァ~~!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード