ご馳走週間~ The Monday Room

さあ、イチローの誕生日当日(もう早一週間前ですがw)。


焼き鳥大好きなイチローのリクエストにより

こないだランチに行った The Monday Room に再訪問だす。
その時の記事はこちら → 

焼き鳥は午後3時以降のメニューなので、焼き鳥食べたい人は夕方以降に行って下さいね~。



ここの雰囲気好きデス。お店の人も皆フレンドリーでナイス。

さて、はりきってオーダーをウェイトレスに告げると


「あなた達、かなりお腹空いてるの?」


と、びっくりしながらきかれる。


オーダーを決めたのはほぼ私なんだけど、いつも食べる量だし
前回ランチ来たのでプレートの大きさもわかってるつもり。


「うん!腹ペコです~。大丈夫、全部食べれるよ♪」

答えを聞いても半信半疑な顔してウェイトレス退場。



私達がオーダーしたのは、


竜田揚げ
ソフトシェル・クラブの天ぷら
マグロのサルサ&コーン・チップス
生牡蠣
焼き鳥各種2本X5皿


全然多くないでしょ、本当はもう一品頼みたい所だったくらいです。



the monday room


店内は暗いんで、フラッシュ無しで写真撮ったらこんなんなっちゃった。

でもフラッシュで食べ物撮るとあまり美味しそうに見えないんだよなー。



the monday room

the monday room


焼き鳥は“串焼き”の総称となってる様ですなぁ。
鳥の串はネギ間だけだった。
下の写真は上のお皿から、サーモンのタルタルソースかけとポーク、
下の皿がホタテのパンチェッタ巻きと海老のパンチェッタ巻き。


個人的にパンチェッタ巻きは、
パンチェッタの塩気が強すぎて素材の味が消えちゃうので巻かないほうが好みかも。

でも全体的に美味しいです♪

牡蠣にはトビコを載せていたり(写真撮るの忘れました)
サーモンにもいくらを載せていたりとキウイレストランにしては芸が細かい(失礼☆)



食べ終わったのでお皿を片付けにきたウェイトレスさん、


「わおっ!あなたたちすごいわっ。完食したのね、ウェルダーン!」

イチローがデザートも食べるよって告げると大びっくりで

「さっきお皿を片付けた奥に座っているお客さんは、あなたたちより全然少ない量食べただけなのにデザートはお腹いっぱいで無理って言ってたのよ」

って教えてくれました。

でも彼女が驚く程食べてはいないと思うんだけどなぁ。



ご機嫌で調子に乗ったイチローは、ウェイトレスにシェフを呼ぶように頼む。

「是非ともシェフを褒めたいのだ~」だと。


えええーっ、私そういうの恥ずかしいんですけどっ。
別にうちらそんな上客じゃないじゃんかー。
どんだけ話好きなんじゃ、イチロー。


「いや、いや、シェフは忙しいだろうから無理しなくてもいいのよっ」

と言ってみたものの、職務熱心なウェイトレスさんはシェフを呼びに行ってしまいました。



この段階で前夜から続いていたラブラブ・モード終了~(笑)。

イチローは失言体質なもんで、悪気無く皮肉めいたジョークで店員さんを不愉快な気分にさせたりするのだ。
礼儀正しいのが心情の日本人としては許せないトコなので、シェフには失礼のないようにと釘を刺しとくw。



最近代わられたというヘッドシェフがテーブルに来てくださった。
ブラジル人かアメリカン・ブラジル人か忘れてしまいましたが、外国の方でした。
日本人シェフも働いてるそうですよ。

皮肉さえ言わなければ社交上手なイチロー君。
シェフにデザートの説明をお願いする。
シェフも私達が食事を楽しんだ事をうれしく思ってくれた様で、
丁寧に一つ一つデザートメニューの説明をしてくれました。


せっかく説明してもらったんですが、・・・ざわつく店内での口頭の説明では私にはわかりずらいのじゃ。

後でイチローに聞こうっと思って、シェフが去った後に尋ねてみると


「実は僕もよく分からなかった」 だって(笑)。


シェフに頼んだ意味ないじゃん、もーwww。


説明は分からなかったにしろ、デザートは

クリームブリュレ
パンナコッタ
チョコレート・フォンダン

の三種類であるらしいのは判明。


the monday room
イチローはフォンダン

the monday room
私はパンナコッタ



パンナコッタもおいしかったけど、この上に載ってるゴマのチップスが非常に美味でございました。
どうやって作るんだろー。砂糖を溶かしたので固めてるだけなのかな???



the monday room
レモン・グリーンティー。レモンの味しかしなかったw。



非常に満足しつつお食事終了~。


大満足でお会計をしたわけですが、ここで私達が何故大食いかと思われたかの謎が解けました。←大袈裟


簡単に言うと、結構高額のお支払いだったのですよ(笑)。


私、レストランで値段見ながらオーダーするのが非常に苦手。
明らかに高い時価のクレイフィッシュ(伊勢海老みたいな海老)系のメニューは避けるけど、
その他は食べたいものを頼んじゃうの。


んで今回もそうしたらば、結構いきましたねー。


バースデー・ディナーだからいいけど、
ここは私達のお財布事情からいうと、一年に1回の場所だすわ。あはは。

でも焼き鳥頼まなければそんないかないかも。
ランチの時は目ん玉飛び出なかったもんな(ランチメニューはないので、ランチでもディナーメニューから選ぶ)。




と、いう訳で
他のお客さんは値段を考慮の上、オーダーしていたのでしょう。
それをウェイトレスさんは本当にお腹がいっぱいだと勘違いしちゃったんだな、きっと。



でも美味しかったから又行くぞ~♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

最新記事

最新トラックバック

ダァ~~!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード