真夜中の侵入者

家の工事が始まってから、一度も宿に泊まっていない私。


我が家には猫が4匹いるので、彼らと共に工房で寝ています。

彼らが寂しがらない様に、私が寂しくならない様に、私たちの事を忘れない様にw、彼らの健康管理が出来る様に、というのがその理由なのだ。


NZ式に郷に入っては郷に従えで外出自由で飼育してるから
昼間は各々裏庭や裏の遊歩道で遊んでいるみたいですが、
私が大工さんと入れ違いに帰宅すると皆ワラワラと集合してくれます。かわえー



イチローは気が向いた時に工房に泊まるけど、基本は宿に泊まっているのでプチ別居状態ですwww。



さて、そんなある日大工さんが言いました。


「朝、お隣さんがやってきて教えてくれたんだけど、昨日の夜に庭に侵入者がいたらしいよ」



な、な、な、なんですとっ!



「どうも若いガキンチョ達がフェンス乗り越えて入って来てたみたいだったので、一喝して追い出しといた。だって」



えええーーっ、そんな事があったんですか?!


もちろんもれなくその夜も私は工房にいたのだよ。いやはや、全く気付きませんでした(汗)。
猫達も気づいてませんでした(当たり前かw)


工房はプレハブなんで防音がされていない。
なので普段からご近所さんの夫婦喧嘩の声や遊歩道を歩く人の話し声なんかが聞こえているんですよね。

そんなのいちいち耳に入れてたらイライラしちゃうので
ただのBGMと思う様に脳内変換するくせがついっちゃっていたみたい。


今にして思えば、確かになにやら騒がしい声は聞こえていたかも~。




我が家からポリスステーションまで車で3分。

もしまた侵入者が来たとしても、通報したら割と早くに警察は来てくれると思うんだす。

だから鍵のかかった工房にいる限りは安全だと思うし、
大声出せば近所にも聞こえるからあんまり怖くはないんだけど、
それよりもせっかくの新しい窓ガラスが破られたり
物が盗まれる方が心配です~ 
(工事用の資材しかないけどさ)



お隣さんは大きなマオリのおじさんで迫力あるから、一喝は効いてそうだよと大工さんは言う。

そうだといいけどなー。


私、その昔、家の中で泥棒と鉢合わせした事があるんです。
その時の事を思い出すと、侵入者を見つけてもパニクらないで対処できそうな気はする(笑)。

でも物音に敏感になりながら過ごすのはちょっとストレスフルだのう。




幸か不幸か今の宿は今週末で契約が切れるので、
来週からは近くのモーテル(徒歩3分)に宿変えすることになりました。

今まで同様私は工房に泊まるけど(イチローは自分が泊まると言ってくれてるが、私は猫達と寝たいw)
イチローが近くにいると思うだけでなんとなく心強いずら。




猫のイカミミ・センサーを頼りに、不審な音を聞き分けようと実験中です。
動物に助けられるのって憧れる~。










にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

なると

Author:なると
NZのクライストチャーチで
イチローことキウイの夫と猫4匹と暮らす、吹きガラス作家。
アントニオ猪木氏が心の師匠~。

(写真や文章の無断転記は絶対にご遠慮ください。又、商業目的や不適切と私が判断したコメントは削除いたしますのでご了承下さい)

最新記事

最新トラックバック

ダァ~~!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード